【大反響】野ブタをプロデュース。が15年ぶりに再放送!

 いかがだったでしょうか?今回は、ドラマ「野ブタをプロデュース。」の特別編が放送されたことについて取り上げました。「野ブタをプロデュース。」は、白岩玄原作の小説で、2005年に日本テレビにて制作・放送されたテレビドラマです。亀梨和也さんと山下智久さんのW主演で放送当時大きな話題となり、大ヒットドラマとなりました。のちに朝ドラヒロインを務めることになる元女優の堀北真希さんの出世作としても知られています。また亀梨さんと山下さんが劇中で演じたキャラクターで組んだユニット「修二と彰」が歌った主題歌「青春アミーゴ」は、162.6万枚を売り上げる大ヒットとなりました。ドラマ自体は知らなくても、この歌は知っているという方も多いのでは無いでしょうか。今回放送されたのはそんな同作を編集した特別編です。
 簡単にそのあらすじを説明すると、高校生の桐谷修二は大した努力なしになんでもこなせる人気者。自らの優秀さに驕り、表向きでは仲良くしている周囲の人々を、内心では自分よりも劣る者として嘲笑い馬鹿にしていた。しかしその一方で素の自分を誰にも見せることができず、恋人のマリ子にもつい一線を引いて接してしまう事を気に病んでいた。そんなある日、修二のクラスに転校生がやってきた。その転校生・小谷信太は人と関わる事が苦手で、クラスに友達もできないような、修二からすれば底辺の部類の人物だった。当然彼に興味を持っていなかった修二であったが、やがて小谷がいじめの対象になり、そのいじめはエスカレートし深刻な暴力さえ受けるようになってから、修二は彼を気にするようになった。もちろん修二は本気で彼を心配しているわけではなかったが、退屈な日常を変える「ゲーム」として、いじめられっ子の小谷を学園の人気者へと変貌させる「プロデュース」を行う事に決めた。
 今回放送を見た人々からは様々な声が。2005年当時の放送を見ていた人々からは「放送していた当時を思い出す!」「やっぱり野ブタは最高!」「今思い返せばこの二人の組み合わせは最強すぎる!」と言った声が。また他にも、「今回初めて見るけど、すごくいい…」「放送当時まだ生まれていない」と言った声が見られました。その反響は大きくTwitterのトレンドランキングでは一時一位になっていました。
 ちなみに、この特別放送は二週にわたって行われ、後半は4月18日の22時から放送されます。当時の放送を見ていた方も、まだ見たことのない方もこの機会に是非ご覧になってはいかがでしょうか?