水曜どうでしょうは?どうでしょう!?


「水曜どうでしょう」の新作が、約6年ぶりにテレビ放送されました。今回の企画は、今までの「水曜どうでしょう」とは、少し違う感じですが、やっぱり安定した「面白さ」が、あります。この番組は、1996年10月から放送開始して2002年9月にレギュラー放送が終了しましたが、番組内で「一生どうでしょう宣言」され、その後は不定期で、新作が公開されていくスタイルで、現在も新作が公開され続けています。番組のレギュラー
は、「ミスター」又は「ダメ人間」こと、現CREATIVE OFFICE CUE会長・タレント・映画監督・放送作家の「鈴井貴之」氏。演劇ユニットTAEM NACSのメンバーで、俳優としても幅広い活躍中の「大泉洋」氏。チーフディレクターで、編集から番組内ナレーション迄こなし、音声のみで出演する(たまに見切れて出演もする)「魔人」こと「藤村忠寿」氏。カメラマン兼ディレクター(時折音声出演する)嬉野雅道氏。の4名が「どうでしょう」班として、主に「大泉洋」を騙し又は行き先を告げずに「旅」に出る企画が、メインです。その行き当たりバッタの道中に、起きるハプニングや、大泉と藤村Dによる急な(のんきな)計画変更により、計画通りに旅程をこなせずに「ミスター」が、怒り「合宿」という名の強行スケジュールや、あまりの無謀で行き当たりバッタリな行程に「大泉洋」が、ボヤくシーンや、車中等で起こる「大泉洋」と「藤村D」による口喧嘩や、あまりの無謀な行程に「大泉洋」と「藤村D」による「ヤラセ」を、打ち合わせる所から、実際に行う所まで、隠さず放映する等、面白い場面が詰め込まれている番組です。北海道(HTB)のローカル番組だった番組が(水曜どうでしょうリターンズ・水曜どうでしょうClassic)今では全国で放送されていて、番組DVDも順次発売されている人気番組です。ツイートからも、「マレーシア」や「新作」、「サイコロの旅」、「ヨーロッパ21ヵ国完全制覇」等の人気企画のツイートが、見られます。個人的には、「サイコロの旅6」、「四国88ヵ所シリーズ」、「ヨーロッパ完全制覇シリーズ」、「ユーコン川160Km~地獄の6日間」等が面白くて好きです。又、名(迷)シーン(ダルマ屋ウィリー事件等)も多く「どうでしょう」好きが集まるとかなりの確率で「あれは、爆笑した。」「わかる、わかる。」という会話になります。合わせて、名(迷)言も数々あり、「ここを、今からキャンプ地とする。」や「腹を割って話そう」や「みっちゃん」等、腹筋が崩壊する事が有ります。現在、水曜どうでしょうclassicが、Netflixにて放映されていますので、外出を控える今、水曜どうでしょうを観て思いっきり笑ってみるの良いと思います。